SA'S in my own write

着ぐるみ・ゼンタイ大好きな人集まれ~(闘莉王)、誰も知らない(興味のない)ディープな切り口で、読者の皆さんを置いてけぼり♪ チャットもあります。よかったら遊びに来てね♪ http://sasinmyownwrite.chatx.whocares.jp/ 問合せ先はこちらまで sakigurumi@gmail.com

sports

アテネオリンピック

h2idydyn.JPGギリシャのバレーボール女子のユニフォーム萌え。

(一人一人お尻に埋もれたい)


※画像発見

中日の試合の観客数減が、止まらないらしい。

孤高の三冠王、落合博満氏が監督に就任し、開幕直後は「オレ流采配」で話題となった2004年型中日ドラゴンズだが、日刊スポーツによると、ナゴヤドーム主催ゲームの観客動員減に歯止めが利かず、深刻な状況とか。

開幕以来パッとしない成績なこともあるが、ただでさえ地味なこの球団、夏場を前に、抜本的営業策の見直しに関係者は頭を痛めているとか。

じゃあ、一体どういう営業策を講じれば、観客動員数がアップするのだろうか。着ぐるみ的見地から分析した、僕ならこうするというそれこそ「オレ流」経営建て直し策を、あれこれ考えてみた。

1.マスコット「ドアラ」の更迭、新マスコットの起用

まず名前が良くない。「ドラゴンズのコアラだから『ドアラ』」って、あまりにも芸がなさ過ぎる。
それに、はっきり言って顔がかわいくない
(これでもまだマシになったほうだ。前はもっと妙に人間臭くてこまっしゃくれてた)

元は名古屋の東山動物園にコアラが居るからコアラを起用したものと思われるが、今どき「コアラがおる」ことを自慢してもしょうがないだろう。その意味でも時代錯誤甚だしい。

ドアラをどうしても消せないというのなら、せめてドアラのガールフレンドを作ったらどうか?
その場合、近鉄のファルルちゃんや千葉ロッテのリーンちゃんの様に、いわゆる「演者の脚のラインをそのまま利用するような着ぐるみ」(=要は「タイツ脚な着ぐるみ」)を採用されたい。
それもダメというなら、一部着ぐるみファンの間で"12球団一萌え"と絶大なる評価を受けている、あの「西武のライナちゃん」に匹敵するくらいの、そそるキャラを考案して欲しいものである。

12球団でも1,2を争うほどの、この「萌えないマスコット」を刷新すれば、それ目当てで足を運ぶドラゴンズ/着ぐるみファンがきっと増えるはずである。

いっそのこと、「ドラ」つながりということでドラえもんのガールフレンドをモチーフにしたノラミャーコならぬ「ドラミャーコ」などどうだろうか?
(え、一番サブいのはオレか!?・・・)



2.マスコットの中にファンが入る企画の実施

前項で散々けなしてしまった中日のマスコットであるが、サブキャラのシャオロンパオロンは、一説によると中身が女性とのことであるし、その動きづらさとどう見ても機能してなさそうな覗き穴設定の悪さから、個人的にはそそられる着ぐるみではある。

これは以前、横浜ベイスターズでやっていた様な気がするのだが、一般人から希望者を募り、「一日マスコットの中身」をしてもらうという企画をたてたらどうか?

"今日のシャオロンの中には、中川区の○山△子さんが入っています"などという、想像力かきたてる場内アナウンスを聞いてみたいものである。

(それこそ○山△子さんが「ドラミャーコ」に入るとなりゃさらにグーである。)


3.始球式への「着ぐるみキャラ」積極的登用

これは先日西武ドームでの試合前にプリキュアのどっちかが始球式をしていたのを見ての策である。あれは恐らくその後に同ドームで開催される「なんとかこども王国」のイベントのPRを兼ねてのものだったのであろうが、東海地方だって、幾千ものハウジングセンターや遊園地、あるいはジャスコ、ユニーなどで週末になるとおびただしい本数のキャラショーが行われるという、国内でも有数の「キャラショー王国」なのである。特にドームでイベントがなくとも、着ぐるみが始球式やったって何ら違和感ないではないか。

ただその際注意しなければならないのは、中の人は決して「野球経験者」じゃない人を選定すべきということだ。ピュアブラックが、あのナヨ~っとした女投げをしてこそ、萌えなのである。間違っても村田兆治のマサカリ投法などする人を入れてはダメである。



そのほか、「チアドラゴンズが全員ゼンタイを着て、ラッキー7等に踊る」などなど、あれこれと考えてはみたのだが、結局のところ小手先の営業プランで観客動員が飛躍的に延びるのなら、どの球団もとっくにやってるはず。
ただでさえ目立たないこのチーム、まあ今の時点でペナントレースから一歩抜出せとは言わないが、せめてカープの"赤ゴジラ"嶋とか、ジャイアンツの"早くも20号ホーマー"阿部慎之介の様な、ああいうエポックメーカーが居ないと、営業面での首位を勝ち取るのも、相当至難の業なんじゃないだろうか。

営業的サービスを向上させるより、まずは本業の野球で注目を浴びることが、結局のところ何よりも近道なのであろう。

インド人もビツクリ

インドリーグでの大量スコアに八百長の疑い?(スポーツナビ)

 1部リーグ昇格を争っていたインド2部の2つのクラブが、リーグ最終節の試合でそれぞれの対戦相手との間で「試合結果をアレンジした」として非難されている。

 カルトリムは61-1で、ウィルフレッドは55-1で、いずれも大量得点で勝利を収めたが、対戦相手も含めた4チームは、現在すべての活動停止処分を受け、今後はリーグ除名の可能性もある。

 インドサッカー協会は「サッカーが笑い者にされた」と厳しいコメントを出している。協会の調査員の報告を待って、今後の対応が行われるだろう。

 こうした大量スコアに絡む八百長疑惑は、インドでは初めてではない。2シーズン前には、降格の危機にひんしていたカルカッタのクラブが114-0で勝利を収めて降格を回避したことがあった。サッカー協会は、この試合に調査員を派遣していなかったため、八百長を立証するのに十分な証拠を集めることはできなかった。


(C)SPORT




・・ω・・

これ、試合してないだろ(笑)

90分間で114点入れようと思ったら、47.37秒に1回ゴールを入れなければならない計算になるぞ。
(実際にやったんだったら、それは別の意味で凄い)

降格回避だからって、そんな得点要らないでしょうが・・・
もっとわからんようにやればいいのに

取敢えず、ご愁傷様です・・・
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ