SA'S in my own write

着ぐるみ・ゼンタイ大好きな人集まれ~(闘莉王)、誰も知らない(興味のない)ディープな切り口で、読者の皆さんを置いてけぼり♪ チャットもあります。よかったら遊びに来てね♪ http://sasinmyownwrite.chatx.whocares.jp/ 問合せ先はこちらまで sakigurumi@gmail.com

MUSIC

敏いとうの矛盾

ga40p2fd.JPG芸能人、とくに演歌・ムード歌謡系の芸名ってのはなんとも不可解なネーミングが多い。

有名なところでは、「五月みどり・小松みどり」「実姉妹なのに『名前』が一緒」とか、あと童謡ババア姉妹の「由紀さおり」は、名字も「名前」じゃねえか。
(「美保純」もそうだ)



そんな数ある「不可解芸名」の中でも、僕が一番許せないのは、何といっても「敏いとう」である。


第一、あのグループの中の、一体誰が「敏いとう」なのか、判別できない日本国民は決して少なくないと思う。


まあそれはおいといて、この「敏いとう」、何故「いとう敏」じゃないんだ。


欧米圏の名前ならわかるぞ、それか「ヨーコ・オノ」みたくせめてカタカナなら。


「敏いとう」なんて、どっちもまったくもって純日本式じゃないか。それでもって「敏いとう」とは何事か!

(第一、「トシ・イトウ」なんて表記するほど、グローバルな活動していない)

しかも、こともあろうに「敏」が漢字で「いとう」がひらがなとは・・・

逆ならまだわかるぞ「伊藤とし」とか。

このクレジット名は、あらゆる規律、ディシプリンを破っている。ベンゲルが監督だったらブチ切れる。


それとあれだ、もっとよーわからんのが、彼率いるバックコーラスグループ、「ハッピーアンドブルー」だ。


どっからどこまでが「ハッピー」で、どっからどこまでが「ブルー」の皆さんなんだ!


大体、「敏いとう『と』ハッピー『アンド』ブルー」って、日本語と英語がごっちゃじゃないか!



結論としては、「敏いとうとハッピアンドブルー」は、

「伊藤敏、ハッピー、アンドブルー」であるべきではないのか?


クロスビー、スティルス、アンドナッシュみたいに。
(もっともこれもバンド名くらいつけろよな・・・日本で言うたら「赤星、矢野と今岡」みたいなもんだぞ・・・)


「敏いとう」がこの記事を読んでたら、いち早く改名されることを、心から願う。
私祈ってます・・・



(これは果たして「MUSIC」カテゴリにしていいのだろうか・・・)

吉幾三はソウル

kmwdv7xh.JPGottoさんの人気ブログ、「DJはこんな物をたまに買う」に、こんな記述があった。


凄いソウルフルなんですよ。
吉幾三あたりなんか。
今更ながらに、あの名曲「俺ら東京さ行ぐだ」なんかを聞きなおしてみるとブルースなんですよ。
・・・
マディと違うのは、ブルースハープの有無だけなんですよ。
早すぎた!日本人には早すぎた!
悲哀と笑いを歌にこめる手法なんざソウルミュージックの根幹と同じじゃないですか。





全くもって同感である。

吉幾三はソウルだ。それだけではない。彼はジャパニーズラッパーの祖なのだ。

キックザカンクルーも、スチャダラパーも、オレンジレンジも、嵐も(^^;)、全てのジャパニーズラップは吉幾三に通じる。「イクゾー・ヨシ」はジャパニーズラップシーンの源流なのだ。

しかもそんな吉幾三のダウン・トゥ・アースなヒップチューン「俺ら東京さ行ぐだ」は、なんと1984年のリリースである。RUN DMCがエアロスミスの「Walk this way」をカバーしたのが1986年である。

そう、吉幾三は「早すぎたカリスマ」だったのだ。
(と言いながら大ヒットしたけれども・・・)


ところで「俺ら東京さ行ぐだ」を、実際英詞でラップしてみたらどうだろうか?サンプリングバリバリで。YO!、YO!、イェ~、な~んて

例えば

ハァ~テレビも無エ ラジオも無エ
自動車(クルマ)もそれほど走って無エ
ピアノも無エ バーも無エ
巡査(おまわり)毎日ぐーるぐる
ナャ朝起きて 牛連れで
二時間ちょっとの散歩道
電話も無エ 瓦斯も無エ
バスは一日一度来る

のくだり、

これを例えば...
(注:筆者=英検4級)

Ah,there's no televisions there's no radios
We can seldom find motorcars.
No pianos, no bars
Policemen wander about day after day
Now when I get up,bring the cows
Take a walk for a few hours.
There's no phones ,not have gas laid.
Bus only come once a day...

ね、これなんかイケてるんじゃないすか?
特に「When I get up,bring the cows」のとこなんか、
「ホェンナイゲラッ、ブリンザカウッ(ヨー)」
って、なかなかええ感じでねえの?

これを、エミネムあたりにカバーしてもらったらどうだろうか?

どうです、レコード会社のみなさん、この企画?

(って、よくよく調べたら、既にレオパルドンっていうグループが「No Disco City」ってタイトルで似たようなことやってたのね^^;、合掌・・・)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ