先日、インターネットを見ていて、いつもの様にテレビをつけたままうたたねしてしまいまして。

気が付いたらチャンネルが某国営放送の衛星チャンネルになってて

なんだか外国のオペラをやってました。

普通ならそこでチャンネルを変えるわけですが、突然。

すみません、デジカメで画面直撮りしてます。
dance001

なにこれ着ぐるみ!!!!


しかもタイツ脚!

しかも多分♀…

しかもそれだけじゃない。
dance005
ユキヒョウ!!!

え?え?これどうやって中に入ってるの?四つん這い?それとも二人がかり?

見えてるの?かなり密封されてそう!

後ろにはワニもいる!完全匍匐前進で移動だなんて、これはキツイ!


dance007
ダチョウもこれ、よく見たら中の人この体勢保つの相当キツイんじゃない?
(正座してるさまがどうも人間らしくてこれがなんともかんとも^^;)


dance004
ああ、僕も仲間に入れてほしい!!!



すっかり眼が覚めてしまった僕は、これが一体なんていう作品なのかを調べてみた!


どうやらこの作品、モーツアルトが最後に残したオペラ、「魔笛」というそうです。

で、この映像は、1991年のザルツブルグ音楽祭で上演されたらしい。

20年も前の映像なのか…



調べてみるとこの魔笛、実に色々な演出で上演されているそうで。

当然ながら、この動物登場シーンも、実にさまざまな方法で表現されています。

mfl3148R
でかいダチョウだなあ…

img077
これはライオンキング的手法ですかね?

nikikai02
なかにはなんと!笛吹いたらウルトラ怪獣出てきたこともあったとか!


いやあ、すっかり魔笛の虜になってしまいました。

僕が演出したら、本編の95%くらい動物が登場するようにしちゃうかもな。

出来れば前足女の子、後ろ脚僕で^^;










ネット観ながらうたたねしてたのに、すっかり目が冴えてしまいました。