前回予告の通り、かつて存在したあのヘタレサイトの各ページを回想するシリーズ

第一弾は、赤いメタリックの女の巻です。

red10


サイト立ち上げ後、初めて本格的に作ったページ。
当時は思い付くままの散文をキャプションにして、更に世界中への発信を意識して、ロクに話せもしない癖にそれに英語の訳までつけちゃって
ただおかげ様で海外からも結構反応をいただき、様々な世界中のサイトにリンクもされました。


このシリーズ、自分でいうのもなんだけど
アンニュイな雰囲気が漂っているように見えませんか?
でも、実際には撮影時は全く色気も何もなく、バタバタの連続でした・・・
red14


というのは実はこの赤メタルゼンタイ、妻が初めて本格的に作成したゼンタイだったのです。

それも元々ゼンタイを作ろうとしたわけではなく、ある日、とある生地屋さんでこの赤いメタリックのストレッチ生地を発見し、「これでゼンタイ作ったらすごくね?」と、生地主導で進んだのであります。


で八王子だったかなぁ…その辺りのラブホで早速着用していざ撮影…と思ったら

きつくてはいらない!

やっぱり初めてだったので、生地の伸縮率とか、縫い方とかパターンの取り方とか、わからなかったんですねえ^;・・・

でもここまで来て、何も撮らないわけにもいかず、意地になって、無理やり体をゼンタイに押し込みました。。



そしたら背中のジッパーがビリっと^^;




写真では隠してますが、実は首の裏、ジッパーが開いちゃったので洗濯バサミで留めています。
red19



そんな感じだったので、中の人はもう全身キツキツ。「顔が痛い、首がキツイ、胸が潰れるーーー」と悲鳴を上げて、ポーズも長時間は持たないし、とにかくドタバタの連続でした。

結局、この赤メタルゼンタイの撮影は、後にも先にもこれ一回きりになってしまいました。


まあ、今となってはいい思い出ですね


海外の人から「このゼンタイのフィット感は素晴らしい。作り方を教えてほしい」とメールをいただいたことがあったんですが、実は失敗策だったのです…

思えばあの生地相当安かったので、もっと何体もつくれるくらい、まとめ買いしとくべきでした。
その後まさかあんなにも何着も作ることになるとは、想像もしていませんでしたが…