うーんどうも最近疲れてるんですかね。

侍戦隊を「まちせんたい」と読んだり、シンケンジャーと入力したつもりなのにどういうわけか「親権者」ど変換したり、まあこれはただのミスタイプなのですが。

というわけで行ってまいりました。侍戦隊シンケンジャーショー。

例によって番組本編を全く見ずに、ショーを見にいっとるわけですが、それだけに驚いたこと。



殺陣もの」なんですね。

うーん、剣を持ってるせいか、心なしかハイキックやステージを転げまわるシャッターチャ・・・いやアクションが少なくなったような・・・

それと胸のデザインが、なんとなく和装を連想させる作りですよね。

さらにヘルメットの造形ですが



これみんな顔のゴーグル部分が漢字になってるんですが、このピンクに至っては「天」のヒゲが後頭部まで回ってるんですね。
結構凝った作りなんじゃないでしょうか。

他にもショー本編でピンクやイエローは、レッドのことを「殿」と呼ぶんですが、何も知らない僕などは、若い女の子の声で思わず「殿~」と聞くと、思わず「志村けんのバカ殿様」を連想してしまうのでした。

というわけで、毎年そうなのですが、丸1年見慣れてきた戦隊ものがチェンジするこの時期、どうしても新キャラのデザインには違和感を感じるんですが、個人的には今年はその感が強い気がします。でもこれも慣れですかね…

あともう一つ気になったことがあったんですが…


なんか「透けてる」ように見えません困った?…
(しかしこのイエロー、けっこう巨乳では?)