僕が尊敬するプリンスさんのタイツワールドにて、こんな話題が・・・



(コメントから一部抜粋)
そういえば、タイツフェチだと言うと
「破るのが好きなの?」と聞き返されることも結構あります。
タイツそのものに興奮を覚えることは理解できないのに、
破るという行為に興奮をすることは理解できる・・・
そのへんの女性心理の違いが気になります。

↑のご意見について、ちらっと思ったことを
僭越ながら申し上げますと。。。
その辺りは女性に強く働く「自分だけ見て欲しい」とゆー心理からくるものではないかと。
『タイツそのものに』ということだと主体は自分ぢゃなくてもいい、けれど『タイツを破る』
という行為に対してだとそこに『わたし』という主体が存在しうる、と。




いや、確かにそうなんです。相方も「着ぐるみ着るんだったら、別に中身あたしである必要性ないじゃん」って言うんです。


でも、ここで敢えて僕はいいたい!

あなたが中に入っている着ぐるみだからこそ、
いとおしいのだ
と…

誰でも着ぐるみ着てりゃいいってもんじゃないんです。

そこにあなたである必然性は「ある」のです。
それも極めて重要。

いわゆる僕の様な"不純なきぐるみマニア"系の方なら、同意していただけると思うんですが、きぐるみに入って欲しいって思う人はそうそう居るものじゃないんです。

貴女たちは、選ばれた方なのです。

どうぞ、プライドと誇りを持って、スーツに入ってください。