SA'S in my own write

着ぐるみ・ゼンタイ大好きな人集まれ~(闘莉王)、誰も知らない(興味のない)ディープな切り口で、読者の皆さんを置いてけぼり♪ チャットもあります。よかったら遊びに来てね♪ http://sasinmyownwrite.chatx.whocares.jp/ 問合せ先はこちらまで sakigurumi@gmail.com

2011年11月

ゆるキャラサミット

ああ、ついに行って来てしまいましたよ…

ゆるキャラサミット2011in羽生

近づいてはいけない、近づいてはいけないと思いつつ…


大体ね、羽生って、めっちゃんこ遠いじゃねえかw
俺川口かさいたまの奥くらいかと思ってたョ。

110365427_v1322305909


しかしねえ、こうやって見ると、日本人着ぐるみ好きすぎですよ(笑
180体以上の着ぐるみが一つの場所に集まる画って^^;…
日本初とか言ってたけど、多分世界でも初めてなんじゃないの…
(で、世界では恐らく今後も誰もやろうとしないと思うが)


ただ、ゆるキャラ界も格差社会なんでしょうか、
見てください、やはりセンターにはひこにゃんとか、クマモンとか、大御所どころでしょ?
特にひこにゃん、この180体もの着ぐるみたちを散々舞台の上に立たせといて、一人だけレッドカーペットを人力車に乗って登場。

hanyu 102
そのあとのグリーティングも人力車で登場、
その都度通路でグリーティングしてるゆるキャラたちが、慌てて端に避けるさまは、まさに大名行列の様
着ぐるみの構造上しょうがないのかもしれないけど、またエラそうなんだこれが(笑
ギャラリーからも「ちょっと感じ悪いねえ~」みたいな声上がってたよ。
ちょっとこの演出はかえって逆効果な気がしますがどうっすか。




hanyu 025
赤い方は、ユニー(今はピアゴっていうんですか?)マスコットらしいです。
こういう企業キャラも来てたんですね。懐かしい。

hanyu 027
多治見のうながっぱ。今度多治見で38℃を超えた時、入らせて下さいと言おうと思ったけどやめました。

hanyu 033
クマモンは、何故か何回もすれ違ったけど、何回もすれ違ったってことは、それだけアクティブに動き回ってたってことですね。
うーん、中身になりたい(そればっかり!)

hanyu 032
これは、いわゆる正規の着ぐるみは別にいたんだけど、簡易バージョンの方がシュールで面白かったので。
こういうの、好きよ♪
hanyu 035
チーバくん。こうやって直立不動してると、もはや千葉の形をかたどったとかいうモチーフとか、どうでもよくなってくる。そうだろぉぁ、よしかわくぅん(by森田健作)
hanyu 024

hanyu 030

hanyu 014

hanyu 034
もうこの辺になってくると何がなんだか。

hanyu 036
これはどこのキャラか確認し損ねましたが、光沢な質感のフォルム、一瞬ただの置物かと思わせて実は中に人が入ってる、ってところが極個人的に琴線に触れました。

hanyu 107

hanyu 111
愛・・・
・・・愛、自由、希望、夢
足元をごらんよ、きっと転がってるさ(お子様が)

hanyu 108
これは知ってるよ!ぐんまちゃんでしょ。
何故知ってるかって、ヤマダ電機の蚤の市で見たから。

hanyu 110

hanyu 109

hanyu 059
この辺になってくると、段々何か既視感の様なものを禁じえないのは気のせいだろうか。
まあこないだのエコハちゃんじゃないですけど、デザインだってね、ある程度メソッドというのは決まってるし、それを逸脱するとキワモノになっちゃうしね、難しいですよね。
(ハナからそれを狙ってる例もあるが)

hanyu 028
僕ねえ、これ見て思い出したことがあるんですけど
昔鳥人間コンテストで、明らかにウケ狙いでエントリーしてきてたの居たじゃないですか。
ハナから真っ逆さまに落ちることしか考えてない人とか。
コミックエントリーだっけ?
そこにこんな感じの出てきてたような気がしません?
あれを思い出してしまいました(関係者の方々ごめんなさい)。

hanyu 105
ハンバーグマー。みなさんこれのツイッターって知ってます?
ゆるキャラなのに、ミッシェルガンエレファントではじけるだグーだの、ボウイだの、明らかに我らと同世代じゃねえかという、キャラを無視したツイートが、共感を呼ぶのだグー。

hanyu 119
そして、やなな!
子供のころ、まさか20何年後に、こういう形で柳ヶ瀬の名前が全国に知れ渡ることになるとは想像だにしなかった(柳ヶ瀬ブルースで終わると思ってた)。

しかしやななちゃん、この日もずっと出ずっぱりだったけど休まなくて大丈夫なの?
季節の変わり目、最近急に寒くなっとるんやで無理したらいかんよ、えか!(岐阜弁)





・・・とまあ、見ての通りもうこれだけでおなかいっぱいなんですが、

著作権問題とか、今回のグランプリの組織票問題とか、何かと大人の事情が見え隠れするのもまた事実・・・
せめてゆるキャラくらい、俺も俺もと言わず、ゆるーく行ければいいなあって思うんだけどそういうわけにもいかないか。



まあ、そんな中、僕の個人的ゆるキャラグランプリをあげるとするならば

6bxzv

これっしょ(笑

どうです!この手作り感、
地元の中学生らしいすけど、制服、中の人の手、髪の毛丸見え。
中には初めから頭を上げて辺りを見回してるのも居る!
ゆるい!実にゆるすぎる!
これこそ真のゆるキャライズムだと思うのは、私だけでしょうか!!

hanyu 042
見ようによっては、アラブの砂漠を歩くキャラバンの様にも見える。

hanyu 045
彼女らをロンドンにつれて、アビーロードの横断歩道を歩かせてみたい。


なんでもこれ、先輩から代々受け継がれる着ぐるみ(?)なんだそうで。
なるほど、連綿にわたる歴代の女子中学生の汗がしみ込んでいる、伝統の着ぐるみなのね、
良質の着ぐるみ小説が書けそうなモチーフだなこれ…
あすみません。

余談ですが、他にも羽生市って小学校でゆるキャラの着ぐるみ所有してるとことかあるんですね。
すごいなあ、予算下りるんですか!
どっかの都の自治体とは大違いだ!
そろって今からでも羽生に引っ越しするか!





おしまい。



にしこくん問題。

熾烈な争いを続けるゆるキャラ(R)グランプリ2011で、組織票が問題となり、一躍時の人となっている西国分寺のにしこくん。

実は我が家でも問題になっている。

110283778_org_v1322219827


今更言うまでもないが、これがにしこくん。

2011111210kouenji
先日のイベントの際のにしこくん。

見ての通り、いろんな側面から判断しても、どう考えても男の脚である。


だから、今日帰ってくるなり、妻がもったいぶって話しても、僕はちっともたじろなかった。

「あなた、すごいの録っておいてあげたわよ。ありがとうは?」

どうやらニュースで偶然見かけたにしこくんを、録画してくれていたようであったのだが…

・・・だって、あれ中身男だもん。




・・・だが、実際の映像を見て、僕は箸を動かす手が停まった。

455731539
あれ?

110289017_org_v1322221860
え!?!?!


なんかなまめかしいぞ!!?

まさか!?中身・・・??

チョイ待て!これはさすがに恥ずかしくて女性は入れないだろうとタカをくくっていたのに、
いや、どうだろう?!


AfFyw8RCIAA0Axw
うーん、動きはとても女性のするそれじゃないのだが…
(だって欽ちゃん走りとか…)

でも…
110279517_org_v1322219542
ダブルダッチとかしとる!

しかもダブルダッチの回し役がオナノコ…

えええええ、でもこないだのイベントじゃ確かに♂だったし、でもこれを見るとなんか♀の様な気がするし…

おいおいおい、完全に安全パイだと思ってたノーマークのゆるキャラが、全く放っておけないそれに替わってしまったではないかああああっ!!!


何かネットで調べてると、どうもこのにしこくんの仕掛け人は女性であり、中には中の人も一人でやってるとの未確認情報も…

現在我が家では、このにしこくん問題ははたして中の人が♂なのか♀なのかで、別の意味で大問題になっている!

そして問題の映像がこれ!
(多分すぐ消されると思うけれども…)




みなさん、どう思います?!


うーむ、これじゃあ心おきなく萌えていいのかいけないのか、わからなくなってしまったではないか!

気になって気になって、夜も寝られないかも。
(だから昼寝る)






きっと、ウルトラマンのそれの様に。

何を今更といわれるかもしれないが

僕は基本的に、いわゆるノンケである。
恋愛・性欲の対象は、女性である。

したがって、着ぐるみも、基本的に「中身が女性」であるものが対象である。
中身が男性であるものには、それほど興味が沸くものではない。







しかし、例外がある。







ultraman 037


この人である。


この人に限っては、
たとえ中身が♂だろうと、
僕は特別な感情を抱いてしまう。

もっと判り易く言うなら
この人のショーなら
たとえ中の人が全員♂だろうと
はるばる見に行きたいと思わせる。





なぜか。








ultraman 011


いつもこの着ぐるみを見てると、

自分がこの中に入っているのを想像するのだ。
この着ぐるみは、
他のどんな着ぐるみより
着ぐるみらしい装着感を味わえる。

首と胴体がつながっている。
いわゆる「入る」ということを実感する構造である。
実はそこはすごく重要なことである。


その上、
この着ぐるみに関しては、
体型的コンプレックスを感じなくていいという要素がある。
一般的に、
着ぐるみは小柄な方がよく似合う。
可愛い仕草をするにしても、女性の方が向いている。
でもこの着ぐるみは
自分の様な体型の方が合うはずである。
唯一、自分の体に優越感を抱けるキャラクターの一つなのだ。


ultraman 029

あの、頭から腰まで、背中を貫くファスナー
そう、もっとわかりやすく、この着ぐるみへの思いの特殊性を表現するならば
あれを見るだけで、中身が男性ならば
抱いてはいけない感情を抱いてしまいそうになる、
そこまで倒錯してしまうくらい、何か変な感情になってしまっているのである。




日本には、
このキャラクター専門のテーマパークがあるという。
そこのキャラクター要員は、
来る日も来る日も、
このスーツの中に入って、グリーティングにいそしむのだという。
なんて素敵な人生。

そんな人生
少しでいいから、過ごしてみたかったものだ。
ultraman 004


ultraman 012

ショッピングモールに、着ぐるみたちが神出鬼没!

久しぶりに某ショッピングモールに行ってみたら、やたら着ぐるみがウロチョロしてまして。

駐車場からエスカレーター登るなり着ぐるみ!
家電売り場でサンデージャポン見てたら着ぐるみ!
スタバでコーヒー飲んでたらまた着ぐるみ!

僕の久しぶりの来店を察して、店を挙げての着ぐるみまつりでも開催してくれたのかと思いましたが、そんなわけがなくて、なんでも開店10周年記念かなにかのイベントだったみたいです。


keitai 033
これは有名ですね、ミスドのポンデライオン。

keitai 046
この着ぐるみの難点は、なんといってもこの尋常ないくらいデカイ頭でしょう。
その結果、中の人はいわゆる「有事」が不安なのでしょう、常にこう両手で支える形になりがちでした。


keitai 035
これは、金券ショップの金犬くんだったかな?
目がどうも三白眼気味で、少しイッちゃってるような風に見えて、ちっとも可愛くないです。

・・・関係者のみなさますみません

keitai 037
どうもこの金犬くん、顎の下に大きな覗き口があるみたいで、
前方のお子様を確認するときは、もう人目もはばからず思いっきり顎を上げていました。
それから一応、着ぐるみはあくまでも「白い方」ですので・・・


・・・あほんとに、ほんとにすみません<m(__)m>


keitai 039
犬キャラが続きます。これは何のキャラか聴きそびれちゃった。
とにかくバカでかかった!
ちなみに後ろの黒い人は、あれは顔を加工させていただいたものです。
ゼンタイ着て歩いてたわけではありません。

keitai 042
まだいました。大和市のゆるキャラ、ヤマトンらしいです。
「矢場とん」なら知ってるんだけど…

このキャラも、どうも三白眼気味ですね。
中の人に全く落ち度はないのですけど、一見何を考えてるかわからないような表情が
慎重すぎる足取りと相俟って、ゆるさとは対照的な不気味な雰囲気を醸し出していました。



・・・とまあこれ、結局は何かまとまったイベントではなくて、
自前マスコットキャラを持っているテナントとかに着ぐるみ出動を命じて、各々グリーティングさせてるという感じなんでしょうか。
それぞれのテナントで、それぞれの店員が入ってるから、登場時間も登場場所もマチマチで、まったくのフリーダム。まさに神出鬼没状態。

イ●ンてこういう企画、何周年記念とかでよくやりませんか?
前にも他の店でこういう感じのやつ見たことありますぜ。
そのときもポンデライオンは居たな、そういえば。





しかしイ●ンさん
どうせこういう企画やるなら






keitai 041
これこそ中に人を入れて、グリーティングしてほしいな。




二酸化炭素を吐き出して、あの娘がお遊戯しているよ。

depaH 078
全身を着ぐるみとマスクに包み
軽やかに踊る彼女たち。

こういうショーを見ていると、
よくダンスを覚えたよなあ、なんて思う。
きっと練習一杯してんだろうなあ、なんて思う。


そして、終わった後、
肩で息をしていたりする。
顔は笑顔だけど
肩で息をしていたりする。
そこに萌える不埒な着ぐるみフェチの方も少なくはないと思う。
depaH 034
ぱっと見
この手の着ぐるみは、中の演者の顔面に密着するように
面が装着されているため
呼吸的に、かなり過酷な状況の様にも見える。

しかし、
自分の経験から行くと
この手の着ぐるみは、むしろ口元と呼吸穴の距離が近い
(といういより密接している)ため、
意外と酸素は確実に取り込めるので、それほど息苦しさは感じないと思う。


苦しいのはむしろ

210625725

こういう着ぐるみだと思う。

なぜなら、この手の着ぐるみの場合、呼吸穴があったとしても、中の演者の口とどうしても距離があるから
演者の口鼻周りに、自ら吐いた二酸化炭素が滞留して、
つまり、呼気が演者の顔周りに滞留して、意外な息苦しさを覚えるのだ。
もちろんすべてのこの手の着ぐるみがそうなのではない。
首のすきまがない様な場合、こういうケースがしばしばおこる。


きわめて不純な動機で着ぐるみを追っかけたり、着ぐるみに入ったりする身から見てみると
どっちがいいかって、苦しいのに決まっている。
頭がおかしいのではと思われるかもしれないが
着ぐるみに包まれている、密封されている、という魅力を求めるならば
やはりそれが強く感じる方がいい。

これはまた後日改めて書こうと思うけど
暑いとか、苦しいとか、見えないとか、こういう物理的な束縛に加え
喋れない、テンションをあげなきゃいけない、何かキャラを演じなけりゃいけない
こういう意味での束縛も、それを考えると胸がキュンとなってしまうのである。

どうしてここまで着ぐるみに首ったけになってしまったんだろう…






livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ