SA'S in my own write

着ぐるみ・ゼンタイ大好きな人集まれ~(闘莉王)、誰も知らない(興味のない)ディープな切り口で、読者の皆さんを置いてけぼり♪ チャットもあります。よかったら遊びに来てね♪ http://sasinmyownwrite.chatx.whocares.jp/ 問合せ先はこちらまで sakigurumi@gmail.com

2004年03月

鷲羽山ハイランドのジェットコースターが強風で停止

jly717np.JPG突風でジェットコースター逆走、乗客ら歩いて避難 倉敷

27日午後0時15分ごろ、岡山県倉敷市下津井吹上の遊園地「鷲羽山(わしゅうざん)ハイランド」で、ジェットコースター「チューピーコースター」(定員20人、5両編成)が、強い向かい風を受けて上り坂を越えられずに逆走し、高さ約7メートルの軌道上で停止した。子供2人を含む乗客11人は係員に誘導され、軌道脇の点検用通路を歩いて避難した。けが人はなかった。

 乗客らによると、終点直前の最後の上り坂付近で向かい風が強まって速度が落ち、逆走し始めた。U字形の谷間を数回行ったり来たりして停止したという。

 乗客らが避難の際に歩いた軌道脇の点検用通路のうち、最も高い最後の上り坂は地上から約15メートルあり、途中で立ちすくんで泣き出す女性もいた。

~以下略
(asahi.com)


でなんでこの記事をとりあげたかと言いますとね、実はこの鷲羽山ハイランドという倉敷の遊園地に、ジェットコースターの名前にもなってる「チューピー」っていうマスコットのきぐるみが居るんです。

かつて、フジテレビの24時間だったか27時間テレビで、岡山からの中継になると必ずこのチューピーが画面の後ろではしゃぎまくっていて、司会の明石家さんまや今田耕司の失笑を買っていまして。

で、ある時、ついに度が過ぎたのか…


なんと頭が取れてしまったんです…

中の人、慌てて頭を抱えてフレームアウトするも後の祭り…

もう場内大爆笑でした。

その後、チューピーが出てくるたびに司会の二人が「こいつ、さっき暴れすぎて首取れとんねん」と大ウケ。この番組通しての最大のヒーローになりました。

僕も、このシーンが歴代夢劣等、いや列島の中で一番笑ってしまった瞬間でした。




・・・ということを思い出したので、思わず載せてしまいました。

着ぐるみによるプロレス

小ネタBlog純情派さんにて紹介されてました。

米国発信らしいけどなんか怪しい日本語が所々に駆使されてる・・・

(とりあえず未調査につき詳細不明)

なんかきぐるみがフライングボディアタックやる姿はちょっと笑える^^;

個人的には、着ぐるみ女子プロレスなんてやって欲しいと思う今日この頃です。

Kigurumi of the day…スーツの中に居る貴女

h7auup3g.JPG福生市に在住のY子さん(23)

今日は朝から、エ◎モの着ぐるみを着てグリーティング。

小柄で華奢な彼女の体は今、毛むくじゃらのスーツに完全に包まれている。
手や顔さえも、素肌の感触を奪われている。

毛むくじゃらのスーツは、あなたが発する体熱を逃がさない。
あなたは次第にあなたの熱で、蒸されていく。
視界の悪さと、息苦しさで、次第に意識が朦朧としてくる。

でもいつもエ◎モは元気。くたびれてなんかいられない。

こうしてたくさんの子供が近寄ってくれば、そんなことも忘れしまう。

控え室で頭を脱ぐまでは、この世の中に私はどこにも居ないのだ。
私は私の肉体を、エ◎モに捧げているのだ。


やっぱり私は、この仕事が辞められない。


(3/28追記:エルモが書いてくれたサインが、思い切り『女の子文字』だったのがまた萌えた…)

桜の開花予想を修正

開花日を2日遅く修正 東北などのサクラ開花予想

 気象庁は24日、東北地方を中心としたサクラ(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。3月下旬から4月の気温は当初予想ほど上がらず平年並みとみられるため、東北各地や長野などの開花日は17日に発表した予想より、それぞれ2日遅く修正された。
 東北各地の開花は4月3日の小名浜(福島県)を皮切りに、5日に福島、7日は仙台、山形12日、秋田13日、盛岡18日、青森は19日の見込み。東北では開花から満開までは5日前後。
 松本(長野県)は4月5日、長野は8日、高山(岐阜県)10日と予想している。

(3月24日共同通信)



・・・僕、いつも思うんですけどね。

予報を直近になって修正するのってアリなの!?

それって天気予報じゃなくて「天気報告」でしょうが。悲しい

一度出した答案を、後になって「あ、問3は(ア)から(イ)に変えさせていただきますぅ~。」って言ってるのと変わんないんぢゃないかと思うんですけども。

「あ、今日は雨降るなーこりゃ」だったら、うちのおじいちゃんでも言ってたよ…

*


よく気○庁って3ヶ月とか6ヶ月とかの長期予報ってのやってるじゃないですか。

あれってやる意味あるんでしょうか^^;?

毎回「予報修正」というよく考えれば意味不明の言葉が出てきますよね。

「今年は暖冬です」と予報討ったら、めちゃくちゃ寒くて、「やっぱ今年は厳冬」ですって修正すると途端にポカポカ陽気になったりして。これこそまさに「天気に振り回されっぱなし」。

前に、天気予報って勿論天気図も見るんだけど、結局最終的な判断は「職員の長年のカン」なだとかって聞いたことがあるんですがあれマジっすか!?
「うーん、今年の冬は寒いぞ、きっと。多分。なんとなく。間違いない!」って、それじゃあ下駄を放り投げるのと同じレベルぢゃないの。もしこれが本当だとしたら、いくらなんでも「ソウルそれはないじゃないか」((C)牧伸二)
(もっとも半年前にどんな予報だったかなんて、誰も気にとめてないんだけども…)

*


というわけで、えーっとワタクシ気○庁の予想を信じて、今週末に花見@自宅を設定してしまったんですが、すみません、うちの前の桜は25日現在せいぜい「3分咲き」です^^;。
申し訳ありません。この場を借りてお詫び致します落ち込み

新オバQの主題歌のグルーヴ

ip4ng02y.JPG尊敬するイラストレーターもりいくすおさんのサイト「くすお画主主義共和房」に、僕も予てからあるといいなと思っていた掲示板が満を持して登場、あまりでしゃばらない様にと思っていても、ドリフだとかドラえもんだとか、自分にとっちゃ、まるで昨日のヤンキース松井の二試合連続ホーマーの際に投げ込まれた直球の如く、ど真ん中ストレートな話題ばかりなので、(って、自分で勝手にそっちの方に話題引っ張ってる様な気もするが^^;)ついついダラダラと書き込んでしまい、ほんとお目汚しで「相済まぬ!」です。

*


で、もりいさんのこのBBSでも、僕は「アニメ化前、単行本のドラえもんに『♪あのねQ太郎はね~』の新オバQ(声:堀絢子)の声を勝手にイメージしながら読んでいたので、あの大山のぶ代のダミ声のドラえもんには、当初相当な違和感を感じていた」という事を書きましたが、その「新オバQ」のオープニングテーマって、よく聴くとメチャクチャカッコいい曲だと思っております。

イントロがまずいきなりかっこいい。力強いキックで叩かれるバスドラのビートをバックに、非常に抑揚感のあるブラスパートでいきなりの幕開け。コード進行で言うところのⅠ⇒Ⅲ♭の音を巧みに使っている事で、聴く者に緊張感を与えるのです。
(あれかな、この曲って「Got to get to into my life」にインスパイアされたのかな、違うか^^;)

そして主旋律が始まると、後ろでベースがグルービーに動きまくる。そこにキッチュな堀オバQのメインボーカルと、タイトで精密な男声バックコーラスの掛け合いが絡み、息をつく暇さえも与えぬかの如く、聴き手のハートをわしづかみ。

本編のメロディは、よく聴くとⅠ-Ⅴ-Ⅳの典型的ロックンロール/ブルース進行で、子供の目線に合わせた歌詞ながら、バックは実は本格派志向を窺わせる(様な気がします)。

実際、子供の頃からこの曲には並々ならぬ憧憬を抱いてました。歌詞さえ変えればれっきとしたソウルナンバーになると。学生時代、マジメにこの曲をカバーしようと思ったことがありました。(が、すぐにモダンチョキチョキズが同じ事をした。僕の考えてたのはああいう風じゃなかったが)

*


思えば、かつてのテレビマンガ主題歌(あくまでも「アニメ」じゃなくて)って、非常にヒップでクールな楽曲が多いっす。
僕の中では、この新オバQのテーマの他に

・ビッグバンドの壮大なスケールで疾走感のある「妖怪人間ベム」

・ファズギターのリフとこれまたうねりまくるベースがもはや単なる子供番組の主題歌の枠を越えまくっている「ハクション大魔王」

を加え、この3作品を、「テレビマンガ主題歌3大グルーヴィーナンバー」と勝手に自分で呼んでます。

キャッツアイあたりからだったか、いつの間にやらテレビマンガの主題歌は「テレビアニメのオープニングテーマ」となり、「タイアップとして最も有効なメソッドの一つ」として、アニメ本編とは関係のない歌詞をうたったいわゆる「J-POP」が、あてがわれるようになった気がします。

そして実際そんな楽曲がチャートを賑わし、幅を効かす様になりました。

今では僕もアニメをそんな力を入れて見ていないし、アニメ自身も「ヲタク」という層の確立を経て愛好者層の多様化がより進んでいる様なので、一概にそうとも言えないのかもしれない。この辺りは疎いので正直よくわかりません。

また仮にそうだからって、日本の音楽界ゼンタイ、いや全体の、世代層を越えた発展の事を考えたら、何もこの潮流を是正しなくてもいいのかも。

でも、僕はこういった「『こども向け』という限られた囲いの中で、それに拘る事なく、ただ己のセンスを信じ珠玉の名作を創造してきた」先達の華麗なる軌跡に、心から尊敬の念を抱きたいのでアリマス。

*


余談ではございますが、もりいさんのBBSでも僕は「旧ドラえもん」の事は全く知らないと書きましたが、主題歌だけは知っています。というのも、この新オバQと、ハクション大魔王と、妖怪人間ベムが総て網羅されている夢の様な二枚組CDをかつてゲットしまして、その中にこの「旧ドラえもん」の主題歌も何故か収録されていたからです。

なんか歌詞のコンセプトが、義理と人情に厚い「男の中の男」としてのドラえもんをひたすら賛美するみたいな感じで、旧ドラの声優配役と同じく、ヒジョーに違和感を覚えた記憶があります。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ