SA'S in my own write

着ぐるみ・ゼンタイ大好きな人集まれ~(闘莉王)、誰も知らない(興味のない)ディープな切り口で、読者の皆さんを置いてけぼり♪ チャットもあります。よかったら遊びに来てね♪ http://sasinmyownwrite.chatx.whocares.jp/ 問合せ先はこちらまで sakigurumi@gmail.com

2004年01月

デカレンジャー

iqjaay4c.JPG興味ない方にはどーでもいいことかもしれませんが、アバレンジャーの次の戦隊は、刑事ものでその名も「デカレンジャー」というそうです。既に予告編などで姿が出ていますが、マスクこそあまりかっこいいとは言えないけれど、女性が二人になり、しかもスーツからスカートがなくなり、さらに演じるスーツアクトレスもほんとに女性(しかも結構可愛い)とのことで、本放送開始前から一部のディープなマニアの間で話題になっています。

で、とあるところで関連グッズのチラシを入手したのですが、そのイラストがこちら。→

なんかこれ、ピンクとイエローの女性両名が、やけになまめかしいボディラインしてませんか?

スタッフの皆様、予告編拝見しましたが、より原画に忠実に衣装制作されることを、強く希望します。

あなたであることのいとおしさ

僕が尊敬するプリンスさんのタイツワールドにて、こんな話題が・・・



(コメントから一部抜粋)
そういえば、タイツフェチだと言うと
「破るのが好きなの?」と聞き返されることも結構あります。
タイツそのものに興奮を覚えることは理解できないのに、
破るという行為に興奮をすることは理解できる・・・
そのへんの女性心理の違いが気になります。

↑のご意見について、ちらっと思ったことを
僭越ながら申し上げますと。。。
その辺りは女性に強く働く「自分だけ見て欲しい」とゆー心理からくるものではないかと。
『タイツそのものに』ということだと主体は自分ぢゃなくてもいい、けれど『タイツを破る』
という行為に対してだとそこに『わたし』という主体が存在しうる、と。




いや、確かにそうなんです。相方も「着ぐるみ着るんだったら、別に中身あたしである必要性ないじゃん」って言うんです。


でも、ここで敢えて僕はいいたい!

あなたが中に入っている着ぐるみだからこそ、
いとおしいのだ
と…

誰でも着ぐるみ着てりゃいいってもんじゃないんです。

そこにあなたである必然性は「ある」のです。
それも極めて重要。

いわゆる僕の様な"不純なきぐるみマニア"系の方なら、同意していただけると思うんですが、きぐるみに入って欲しいって思う人はそうそう居るものじゃないんです。

貴女たちは、選ばれた方なのです。

どうぞ、プライドと誇りを持って、スーツに入ってください。

今日のトリビア

pfuu296w.JPG今日もトリビアを見た。


「ウルトラマンは、カラータイマーを取られるとしぼんでしまう。」(85へぇ~)



すると相方がすかさず一言

「え、どこが?」

おとぎ話の裏で

g3563a24.JPG賛否両論ある新セラムンショーですが、各地で続々とショーレポが上がっていて嬉しい限り。

中でもOnigiriWikiさんのレポが画像が大きい上に、ドアップでかなりクオリティ高いです。

とくにこれ脇に汗かいてる・・・

こんな寒空でも汗かいちゃうくらい、大変なのね、キャストの皆様・・・

あと、これって、中の人の口透けてます?

着ぐるみの重ね着

f5inj0ms.JPGCMで見かけた記憶がありますが、白熊がきぐるみ脱いだら白熊のきぐるみだったってやつ。

これって、舞台裏画像??

しかし、この白熊重ね着の中の人は、ほんと大変そうですね。

かつて着ぐるみオフ会等で、「着ぐるみを着た上に着ぐるみを着てもらう」てな大変なことを、女性の方々にやってもらったけど、ほんとに大変そうでしたね。僕も興奮しちゃって大変だったけど。笑顔

「・・・何にも見えないんですけど・・・」などと中から声がしても、ものすごく遠くに聞こえるのね(笑)。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ