SA'S in my own write

着ぐるみ・ゼンタイ大好きな人集まれ~(闘莉王)、誰も知らない(興味のない)ディープな切り口で、読者の皆さんを置いてけぼり♪ チャットもあります。よかったら遊びに来てね♪ http://sasinmyownwrite.chatx.whocares.jp/ 問合せ先はこちらまで sakigurumi@gmail.com

ウルトラマン大作戦

二子玉川の高島屋で開催されている、ウルトラマン大作戦というイベントを見てまいりました。

ご存知の通り、僕のウルトラマンとその一族の着ぐるみにかける思いは並々ならぬものがありまして、当然このイベントも、まさかタダ券をもらったから行ったとかそういうことは決してございません。

いきなりエントランスで待ち構える、ウルトラ親子達。

ultraman 006

タマタカというハイソな場所に似つかわしくない、ゴム臭が辺りを覆い、併設の母の日フラワーショップの花々のエレガントな匂いが台無しになっていました。

ultraman 007
後頭部がバックリ空いてます。
本来ならばその筋の人にはお宝ショットなのでしょうが、残念ながら中身はマネキンです。
よく見るとお尻のヒレあたり、かなりゴムの劣化が目立ちます。
歴戦を物語るしるしなのでしょう。

ultraman 003
そしてやっぱりこの人ですよね。
骨盤あたりが妙にリアル。

ultraman 009
こういうアングルから撮れるのも、マネキンだからこそ。
撮影に熱中してたら、いつの間にか同伴していた妻が、他人のふりをして他の店に行ってました。

ultraman 011
しかし、これやっぱりマネキンなんかに着せとくのはもったいないから
実際に中に人が入って、こやってエントランスで日がなじっとしているというバイトにしたらいいのに。
そしたら何が何でもやりたいです。



前置きが長くなりましたが、いよいよ本会場に



ultraman 015
入口ではサスペンションな施しを受けたマンがお出迎え。

ultraman 018
入場していきなり、またしてもマネキンが中の人のセブンです。
脚が細くてセブンらしくないです。
そしてポーズが微妙。何かスーダラ節でも始めるのかのようです。

ultraman 022
これはマニアの間では有名ですが、当初ウルトラマンは、半分中の人の素顔を見せるという構想があって、その名残で初期のウルトラマンはこんなアバタ顔をしてたんですね。
今現在通常ウルトラマンと言って出てくるタイプはあれはCタイプといいます。

ultraman 024
おっと!手元が狂ってアングルがずれてしまった!

ultraman 026
本日妻一押しのショット。
まっすぐで一本気な性格が、よく出ている一枚です。

ultraman 027
なんだか大怪獣サロンに来ている気分になってきました。


ultraman 047
これは、横から撮るとウルトラ戦士と一緒に空を飛んでいるように見えるという撮影コーナーですが、もうどう見ても、僕にはサスペンションのパフォーマンスの最中にしか思えません。考えすぎでしょうか?


ultraman 045
さらにはゼンタイウーマンな皆さんもいらっしゃいました。

ultraman035
シメは生のウルトラマンティガとツーショット。
本来お子様向けの企画のはずですが、恥も外聞もなく、しかもわざわざ一人ずつツーショットをに収まる中年夫婦。
後ろで子供が順番待っているというのに。

でもティガはちゃんとこんなおっさんにも握手してくれました。
さすが正義の味方。
しかしその手は大変温かかったです。

こうして日がな延々とウルトラマンを着ながら写真に収まるなんて、なんて羨ましい人なんでしょう。



あ、中の人などいない!


というわけで、「ウルトラマン大作戦」と銘打つからには、どんなストラテジーを組み立てて入場に臨めばいいのだろうと戦々恐々として中に入ったのですが、実際には着ぐるみや当時の撮影用衣装などの展示が中心の、割とまったりとした内容でした。

でもモノホンの警備隊の衣装とか、結構マニアにはたまらんかも。

5/6まで開催されているそうですよ。






非公認戦隊アキバレンジャー

とある買い物をしようと思って、アキバのヨドバシカメラに行ったら、なんだか人だかりが・・・







akiba003
アキバレンジャーだ!


akiba028
つねに内またな女性戦士二人がいいです!


akiba046
akiba018
二人とも、引き締まったというよりは意外ととっぷりとした体つきなのもこれまたグッドですよー。


akiba006
しかしこれまで普通戦隊モノって、5人の中に紅一点とか、
圧倒的に男性の数の方が多いのが常でしたけど
男1人に女2人ってのが、また斬新ですよね。

そういえば昔、こやって両手に花状態のことを「逆ドリカム状態」とか言いませんでしたっけ?

…あ言いませんでしたっけ…

すみません。


男ならこういうシチュエーション、一度は憧れますよね。
(あこれも憧れませんか(ーー゛))
しかし実際は、もしこうなると女2人で会話が盛り上がっちゃって
結局男はおいてけぼり…ということにえてしてなりがちです。

そういえばうちの家族構成もこれじゃないか。


話がそれてしまったですね。


akiba048
そういえば普通、こういう戦隊ものって、ショーだと黒い覗きのところが、グラサン仕様じゃなくて細かい穴をあけたものになってるのが常ですが、今回は撮影用と同じでした。

こういうのって苦しくないんですかね。どこから空気確保してんでしょう。


というわけで、アキバレンジャーにとらわれて、肝心の買い物をせずに帰ってきたことを、後から気付きました。


おまけ…

akiba066
表参道にいたレルヒさん。

何故か、撮影する人達との間にかなりの距離が開いていた。

着ぐるみ点描~Kigurumi in Tokyo~

ここ最近の東京は、どうも週末になると雨が降るみたいで…
3月に入ってから土日両方晴れたのって何回あっただろう。

この土日はヒマだったので、あちこち散歩してました。
つったって近所ばっかりだけど。

それとなく着ぐるみも居ました。

まずは代々木公園。

sakura 027
これはTBSのTブーSのエコバージョンなんですかね?
一応着ぐるみの着ぐるみ重ね着なんでしょうが、中の人の過酷さ的にはどうでもいいでしょう。

sakura 037
渋谷のくもっくる。
確かこの着ぐるみって手作りなんですよね。
しばらく見ないうちに黒ずんできたような気もしないでもないですが、
それだからこそ一度中に入ってみたいものです。


karaoke 058
これは…なんなんでしょうか?カンパを要求してました。

なんといいますか、手作りなんですかねえ…
そこはかとなく萌えてしまうのは、衣装がなぜかしら親しみの沸く質感だからでしょうか?
(思わずその生地どこで売ってたのか訊きそうになった)

karaoke 057
(中の人、口のところから丸見え)


BlogPaint
後ろ姿は妙にセクシー。


sakura 039
これはなんでしょうか?トマト?赤かぶ?詳細不明です。

sakura 043
なんとも等身のバランスが悪いのが気になります。

sakura 045
後ろからベルトが出ています。
何かマニュアルを逸脱した着用の仕方をしてるのではないでしょうか?

桜新町では恒例のさくらまつりが開催されていました。


sakura 047
今日は前回の波平・マスオ・サザエに加え、さらに舟が加入!

BlogPaint
周りの客にせがまれて、舟と波平、雑踏の中での再会。

BlogPaint
最初はキャラ設定の通り、ほのぼのとしていたのだけど…

sakura 073
お互いの肌と肌の感触を確かめ合う二人。

sakura 071
おいおい、そこまでやって大丈夫なのかよww

sakura 081
と、なんとも仲睦まじい二人なのでした。

sakura 063
正直今日の桜新町はカオスだったのですが、
そんな中でもサザエ・セブンは一目で何処に居るかわかりますね。

sakura 052
今回カツオ・ワカメ・タラオも登場して、サザエの七人フルコンプだったのですが、
残念ながら、子供3名は着ぐるみと同じ素材でできた人形でした。

sakura 090
ただ、一応人が被れる仕様にはなってるっぽいでした。

しかし、一体だれが着るんだ(とくにタラオ)

sakura 088
人が入ってないのをいいことに、近くで接写してみました。

sakura 089
意外とカツオって流線型なんですね。

sakura 094
撮影会場にはその後マスオも登場。
今日のマスオは妙にちっこかったです。

sakura 059
リアル幼女に耳を攻撃されるタラオ。

桜新町おなじみのチータが出てきたあたりで雨が降ってきたので、退散してきました。



おまけ

これは別の駅前で見かけたあんしんセエメエ。
karaoke 053
靴が!!!!

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ